2017年07月01日 18:47

☆プレスコはじめました☆

【お知らせ】 プレスコ始めました!詳しくはこちら

2016年08月23日 17:39

せんせい やってみるね!

2学期が始まりました。
お子さんたちの一人一人の表情から、
夏休みの充実した日々を想像することができ、
感謝しました。
暑い日々、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

家庭から大切に持って来た、
『なつのおもいで』を開いて、
友達や先生に思い出を語るお子さん、
久しぶりに会う仲間と群れて、遊び始めるお子さんたち、
玄関先で、お母さんと離れがたく、
しばしの時間を共有している親子など・・・。

登園模様は一人一人違います。
2,3日も過ぎれば、園生活のリズムを取り戻しますから、
大丈夫!大丈夫です。

早めに登園した年長児のAちゃんは
「おはようのごあいさつもできたし、おいのりも一人でやってみようかな?」
と自問自答していました。

園長、「そうだね。いいかもね。今日は先生聞かせてもらうね。」と同意しました。

2人で祈りの椅子に掛けると
「てんのおとうさま・・・。ようちえんにいないあいだも、ようちえんにいるあいだも
ずーとまもってください。イエスさまのおなまえによって、おいのりいたします。あーめん。」

Aちゃんは「せんせい、わたしできたね。」と言い、
園長も間髪入れずに、「うん。できたね、Aちゃん。ステキ。」

Aちゃんはちょっと興奮気味でした。
この日が来るのをAちゃんと共に楽しみに待っていました。

一人ひとりにできる時が来るのですね。
待つって、ある時は辛く、ある時は楽しみです。
子どもと共に喜び・感謝する時が必ず来ます。
子どもたちを信じ、成し遂げてくださるイエスさまに期待しながら、
お子さんたちの確かな成長を待ち続けたいものです。

今学期もお子さんたち、一人一人の成長した姿にたくさん出会えることでしょう。
とても楽しみです。お子さんたちに期待し、イエスさまに期待し、祈ります。




DSC00485.jpg

2016年07月14日 17:58

手作り給食大成功!!

今日は給食サポーターのお母さんたちが
心を込めて作って下さった手作り給食の日でした。
何日も前から、今日の日を楽しみにしていたお子さん達は
今か今かとお昼時間を待っていました。
 
お母さんたちのあったかいカレーがいいね。

配膳係のお母さん達は大きなおなべと、
おひつ代わりの発泡スチロールのケースを持って、
いざ出陣。

 
どのクラスでも
お子さん達はちょっと興奮気味。

「○○チャンのお母さんだー。ありがとう。おいしそう!・・・。」

時間まで仕上げなければ・・・。の緊張と
美味しくできるかな?心配と格闘しながら、
短時間で見事に仕上げて下さいました。
CIMG0023.jpg
CIMG0027.jpg
本当にお疲れ様でした。

そして、美味しいカレーとピックに刺した生野菜と
デザートのクラッシュゼリーフルーツ添えご馳走様でした。

CIMG0035.jpg


お子さん達の美味しい笑顔と、
「今日はありがとうございました。」の
年長つきぐみの女児たちのお礼の言葉に
お母さんたちの疲れも癒えたことでしょう。

呼びかけに応じて、
お手伝いに駆けつけてくださったお母様方、
ありがとうございました。

CIMG0034.jpg

2016年07月12日 18:29

同窓会会報の発送作業をしました!

東原幼稚園山鳩同窓会の会報「やまばと30号」発刊  

4月末に行われる同窓会役員の歓送迎会の中で、
今年度の会報のテーマについて語り合いました。
新一年生の役員のお母さん達の顔合わせが終わると、
具体的な話し合いが始まります。
テーマ決めは、毎年苦慮するところです。
知恵が枯渇すると「12号に戻りますか?」となりますが、
なぜか「そうですね。そうしましょう。決まり。」とはゆきませんから不思議です。

今回もぎりぎりのところで、「 発刊30号だから、30はどうかしら?」の提案がありました。
この提案に異論なく、
その後、2回の編集会議を経て、
7月11日(月)に役員さん達の手を通して、
会員のご家庭に届けられました。
「皆さん喜んでくださるかな?幼稚園時代にタイムスリップしているかな?・・・。」
CIMG0001.jpg
 


会報のテーマを決め、
テーマに沿って各年代の同窓生に原稿を寄せていただく形で
取り組んできたのは1998年の12号からでした。

これまでの「 テーマ 一覧 」を以下に記してみました。
 
「 会報やまばと 」のテーマについて                
 12号・・1998年・・家 族
 13号・・1999年・・私たちの地球にやさしさを
 14号・・2000年・・創立50周年 ともに生きる山鳩たち
 15号・・2001年・・園舎の移り変わりと遊び
 16号・・2002年・・私を豊かにしてくれた東原幼稚園
 17号・・2003年・・音楽とわたし
 18号・・2004年・・世界に広がるやまばとの輪
 19号・・2005年・・本とわたし
 20号・・2006年・・家族・あなたにとってのお父さん?
 21号・・2007年・・幼稚園のおいしい思い出                   
 22号・・2008年・・ホームカミングデー                     
 23号・・2009年・・わたしの宝物
 24号・・2010年・・わたしとしごと
 25号・・2011年・・絆 ―きずなー
 26号・・2012年・・すきな時間
 27号・・2013年・・出 会 い
 28号・・2014年・・食とわたし
 29号・・2015年・・平 和
 30号・・2016年・・「 30 」

 担当してくださった編集委員はじめ、役員のみなさん、
お忙しい中、原稿をお寄せ下さった山鳩会員のみなさまありがとうございました。
来年度からは本園のホームページで年間通して閲覧できるようになる予定です。
ご期待下さい。


CIMG0012.jpg

2016年07月01日 17:29

「もやもやした気持ち」もイエス様に

玄関先で、珍しくKちゃんが先生に抱っこして浮かぬ顔をしていました


Kちゃんどうしたの?今日は抱っこ?


すると抱っこしていた年中児の先生が


あのね、Kちゃんね、今朝お母さんとケンカしたんだけど、

ママにごめんなさいって謝ってこなかったから、悲しいんだって。


話してくれました。


「それで、抱っこしてたのね。

 心がもやもやしてるんだね。」


と応えると年中児の先生が小声で、


「『幼稚園に行きたくないと重たい気持ちで登園した。』

と添乗の先生からの伝言がありました。」


と伝えてくれました。


「Kちゃん園長先生におんぶする?」と尋ねると


「うん。」と頷いたので、わたしの背中におんぶしました。


しばらく、Kちゃんの朝の様子を思い巡らしながらおんぶしていました。


背中のKちゃんに


「Kちゃん、お母さんにごめんなさい。言わないで幼稚園に来たのね。

 だから悲しいんだね。じゃあ、一緒にお祈りしようか?」


と言いながら降ろして、玄関先の祈りの椅子に座りました。


そしてKちゃんと祈りの内容を相談しました。

 ・お母さんとケンカをしたこと

 ・仲直りをしないままに幼稚園に来たこと

 ・お家に帰ったら、ママにごめんなさいが言えるように

 ・イエス様にも、けんかをしてごめんなさいということ


Kちゃんと共に祈り終え、


「Kちゃん、お庭に行かない?

 つきぐみさんのお友だちの朝顔の花が咲いてるんだって。

 Kちゃんの朝顔の花は咲いたかな?」


とわたしが尋ねると小さい声で


「さいたよ。」


と教えてくれました。


「そう。見たいな。どんな色かな?見に行こうか?」


と二人手をつないで園庭に行くとそれは見事に咲いていました。

Kちゃんの表情がちょっと和らいできました。


すると私から手を離し、

大型遊具の太鼓橋へ向かって2度ほどジャンプしました。

CIMG0136.jpg 

その様子に思わず、


「Kちゃん上手ね!」と私が拍手を送ると


すっきりした表情で、
傍に来たお友達と共に走り去っていきました。

 

心癒され、エネルギーが充満したKちゃんの後姿に力が漲っていました。

ほっと胸をなでおろした一瞬でした。