2018年07月17日 18:30

保護者の皆さんによるサポーター活動

今学期、保護者の自主的な活動であるサポーター活動は
3種類行われました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


☆運動会係:6月23日
運動会の運営のためのサポートとして、
様々な係が必要でした。
受付係・競技を支援する道具係・ゴール係・後片付け係等、
携わって下さった方々がたくさんおられました。
本当にありがとうございました。
運動会を終えて寄せてくださった感想の中に
「保護者の方と先生方の連携が良く、
スムーズな進行・運営でした。
見ている人々に感動・喜びを与えてくれてありがとう。」
との声が寄せられていました。
そして、サポーターの皆様へのねぎらいの言葉も寄せてありました。

☆給食係:7月4日
この日は手作り給食サポーターの皆さんが
おいしい給食を準備して下さいました。
数日前から、メニュー決め・材料の買い出しをしていただき、
当日は調理や配膳や後片付けに至るまで、
すべて取り仕切っていただきました。
あったかいカレーと、
スイカの器に入った白玉入りのフルーツポンチ。
配膳して下さるお母さんたちが
大きなお盆を持って笑顔で各クラスに入るや否や、
お子さんたちの視線はお母さんたちに集中していました。
各自に配られると子ども達も思わずにっこり。
提供する者・食する者、両者が
ほっこりとした何とも言えない温かさを感じたようでした。
私も、食のすばらしさ改めて思うことができました。
食後、子ども達はサポーターのお母さんに出会うと
「○○ちゃんのママありがとう。」
「おいしかった?」
「うん!」
といったやりとりが園内に飛び交っていました。
給食係の皆様、本当にありがとうございました。

☆写真係:7月10日
職員が保育中に撮影した写真を
仕分けていただきました。
ありがとうございました。
このサポーターの作業は、
園での子どもたちの生活がわかる楽しい作業でもあるのだそうです。
思わず手を休めて写真に見入ってしまうことがあるとか。
思わぬところで幼稚園の保育活動の理解の一助になっているのですね。
作業後は冷えた麦茶の一服としばしの歓談の時、
子育ての話に花が咲いたのでしょうか?


サポーター活動にご参加くださったみなさん、お疲れ様でした。
このように皆様に助けていただける東原幼稚園は
とても幸せです。


画像は給食を作っていただいている時に
撮影したものです
DSC05296.jpg 



よろしかったらポチっとお願いします




2018年06月21日 17:58

わたし、がんばる。

運動会が迫ってきました。
ご家庭でも、運動会について、
いろんなおはなしが出ているのかもしれませんね。

朝に玄関先で登園したお子さんと保護者にお会いすると、
運動会の話題になることがあります。

「おはようございます。
もうすぐ運動会だから幼稚園に早く行くって。
今日は喜んできました。
「今朝、7時半頃に幼稚園へ行くって、
かばんを背負って、出かけようとしたんですよ。」
「今日は縄跳び練習をするから、
早く幼稚園に行くというので、早目に来ました。」

などなど。
お話して下さるお母さん達も嬉しそうでした。
私たち職員も、そんなお話をお伺いすると
とてもうれしい気持ちになります。
お子さん達の意気込みが伝わってきますね。

子どもたちはそれぞれに、
いろいろな競技の練習を反映した
遊びをしていますが、
今日のブログでは、
年長のなわとびの練習と遊びの様子を
お伝えします。

年長組のKちゃんが登園して身支度を整えると、
一人で縄跳びの縄を持って、
ホールにやってきました。
Kちゃんにとっては、ここ数日の日課になっています。

また、GちゃんもKちゃんに触発されて
なわとび練習のスイッチが入ったと見え、
「わたしもれんしゅうする 」と練習を始めました。

女の子たちは、
前まわし連続飛びや大縄跳び等に挑戦中です。

他方、男の子たちは、
なわとびを誰が長く飛べるかを
競争しました。
DSCF5249.jpg 
私も「いっしょにしよう」と誘われました。
私は「シメシメ、負けないぞ。」と
意気込んで加わりました。
始めて見ると、園長の私は子ども達の期待を裏切り(?)、
1回目は最後まで残ったのは本当に私でした。

男の子たちは「もう、いっかい!」と悔しがりながら
再度勝負を挑み、
3回目は見事に園長が負けました。
みんなニンマリ。
「きょうはおわり。」と宣言して、満足げに次の活動に移っていきました。

翌日もGちゃんが縄を持って、
「68かいとべるかな?」と言いながら、
ホールにやってきました。
昨日までの最高は27回です。
「68回?
幼稚園の年の数
(過日、68周年の創立記念日のお祝いをしました)に
挑戦するのかな?すごいね」
と私が言うと、
Gちゃんは、うん、と言って
飛び始めました。
1回・2回・・・。とゆっくりペースですが、
なんと72回跳びました。頬がうっすらピンクに紅潮していました。

年長組のお兄さん、お姉さんの頑張りを
傍で見ていた
3歳ももぐみのAくんや4歳ほしぐみのYちゃんも
なわとびを手にして、挑戦が始まりました。楽しみです。

最後の練習日、Kちゃんは
とうとうリズミカルに飛べるようになりました。
逞しく成長した姿に
大きな拍手を私は贈りました。
イメージ通りに連続前まわしができたKちゃんは
縄跳びを片付けながら一言
「わたし、なわとびすきになった。」とのこと。

私はますます運動会が楽しみになりました。






よろしかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






2018年06月05日 16:34

子育て講演会と茶話会と給食試食会

 

先日6月1日(金)、東京大学大学院教授 遠藤利彦先生をお迎えして、

教会礼拝堂にて子育て講演会を開催しました。

テーマとして、「自分を愛する力」を基にお話してくださいました。


 DSCF5115.jpg 


日頃、子育てに励んでおられる保護者の方々、
先生の語られた一言一句洩らさず(?)記録に余念のない方。
一言ひとこと 頷きながら、耳を傾けておられる方。

聞き方はそれぞれ違っていましたが、
先生のご講演内容は理解しやすく、励まされたようで、
お母さん方の帰る足取りは、いつになく軽やかでした。

そして、これからも子どもをしっかり抱きしめ、
子どもが望むならば安全の場・避難の場であり続けようという
決意のような気持ちが伝わってきました。

 



講師の遠藤先生は、当日朝早く新幹線で山形においで下さり、

ご講演が終わるとすぐに東京にお帰りになられました。


誠にお忙しい中、本園の保護者の皆様・地域の皆様のために

お時間を割いてくださり、本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。


ご参加くださった皆様にも御礼申し上げます。


講演会の後は、クラスごとに分かれて給食試食会と茶話会が行われました。

子ども達と同じメニューの給食を召し上がっていただきましたので、

ご家庭でも、きっと給食の話題に花が咲いたことでしょう。


お忙しい中、お集りくださった保護者の皆様、ありがとうございました。 






よろしかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


2018年05月21日 15:54

もう準備ができたね

ある日、マーガレットホールで、
年長組のお兄さんたちが、たくさんの椅子でサークルを作って、
何やら遊んでいました。

それぞれの椅子の上には
折り紙で作った作品やミニカーや
廃材で作った工作などが並んでいました。

何か用事があって、
ちょっとの間、年長さんがその場を離れると、
近くで遊んでいた年中のAくんが
年長さんが使っていた使っていたミニカーを
椅子のサークルから持ち出しました。

ほどなくして戻ってきた年長さんが
ミニカーがなくなっているのに気づき、
「あれー。ミニカーないよ。」と言いながら、
ミニカーはどこかとキョロキョロしていました。

すると、友だちと一緒にミニカーをもって
Aくんが戻り、周囲の様子をうかがっていました。

私はAくんに声をかけてみました。
「A君、そのミニカー、
兄ちゃん達が使いたいみたいね。」
それを聞いていた年長さんたちが
無言で頷いていました。

私は内心、今までやんちゃいっぱいだった
Aくんの様子を思い出しながら、
様子を見守っていました。
すると、A君が持っていたミニカーを全部、
椅子の上に戻したのです。

年長さんは思わずにっこり。
A君もにっこり。
私もにっこり。
Aくんの育ちに感心しました。

私は周囲の子どもたちに
「みんな、聞いて。A君ね、
お兄ちゃん達にミニカー返せたんだよ。
すごいね。やっぱり年中さんのお兄さんだね。」
と声高に伝えました。
すると周りからも
「うわー」と賛辞の声が拍手とともに聞こえてきました。

その様子を見ていた年長のB君が、
こっそり私の耳元で囁きました。
「Aくんさ、年長になるじゅんびができたね。」
Bくんも、Aくんの成長に気付いたのですね。

私は
「そうだね。」
といいながら、
Aくんを認めてくれたS君に
「S君、ありがとう。」と感謝しました。

S君が年長に、A君が年中に進級したのは、
つい1か月前。

「進級する準備ができた」なんて、
ちょっと気が早すぎますが、
でも素敵な表現ですね。






よろしかったらポチっとお願いします




2018年04月13日 17:10

2018年度がスタートしました

桜の花の開花と共に2018年度が始まりました。
バスが市内をめぐっておりますが、
どこを走ってもきれいな花々を見ることができます。

入園・進級の喜びいっぱいで
登園してくるお子さんで
園内はいっぱいです。

そんな折、電話が幼稚園に入り、
受話器を取りました。
Aくんのお母さんからでした。
Aくんがおうちで手に怪我したので、
お休みします、とのことでした。

だいじょうかな、痛いのかな、
などと心配しておりましたら、
またAくんから電話が入りました。

「病院にいったら、
大丈夫との診断でした。
それで本人が幼稚園に行きたいと言いますので、
これから登園しますね。」
とのこと。

降園まで1時間もないのですが、
それでも幼稚園に行きたいという気持ちが
とてもうれしく思い、
どうぞお越しください、とお話しました。
私たちとって、
お子さんが「ようちえんにいきたい ‼」
と言ってくれることは、
最高にうれしいことです。

こうして、今日も、
お子さんたちが思い思いの場所で、
思い思いに遊びを満喫していました。
DSCF0007.jpg
庭のお花で水遊び。

ガチャポンプに水を入れて水遊び。
P4120177.jpg
ずっと天気がいいですからね☆

材木を並べておうちごっこ。
P4130184.jpg


なんだか迷路みたい!
P4130185.jpg


それぞれが好きな遊びを見つけて
思い思いに遊ぶことが
一番大切なことなのです。



今年度も保護者のみなさまと手を携えながら、
お子さん達の成長を全力で支えていきたいと思います。

今年度もよろしくお願いします。








プロフィール

山形市東原幼稚園 園長

Author:山形市東原幼稚園 園長
山形市東原幼稚園の園長です。

リンク
最新記事
ブログ村に参加しています
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR