FC2ブログ

2018年10月09日 17:12

まもなくファミリーフェローシップです

いよいよファミリーフェローシップが
明日に迫ってきました。
保護者のみなさんと同窓会の役員さん、
先生達と園児の方々で企画・準備をする、
年に一度の大イベントです。

子ども達は
「 楽しみ!お買い物するんだ。」
「パパとくるんだ。」などなど、
いろいろなことを言っています。
楽しみに待っている様子が伺えます。

この1か月、時々集まって
具体的な準備を進めてきました。
IMGP0489.jpg
たくさんの保護者の皆さん。
IMGP0478.jpg
喜んでご参加いただきました。
IMGP0480.jpg
本当にありがとうございます!

園には来れなくても
おうちでも作業してくださる方準備もおられました。
積み上げてきた一人一人の力が結集して、
当日には園内に大小の笑顔の花が咲くことでしょう。

来年度入園される予定のみなさん、
未就園児活動のエンジェルベイビーやエンジェル広場にご参加いただいているみなさん、
同窓会のみなさん、
在園児のみなさん、
地域のみなさん、
どうぞおいで下さい。

当日は良い天候が備えられ、
安全に楽しいファミリーフェローシップになるよう
お祈りしながら、
皆様のお越しをお待ち申し上げます。





2018年09月14日 15:59

おじいちゃんおばあちゃんありがとうの会

今日は年長組が企画した
「おじちゃん・おばあちゃんありがとうの会」でした。

年長児のおじいちゃんおばあちゃんをお招きして
子ども達がおもてなしをするというもので、
園の数ある行事の中でも楽しみの日の一つです。
その理由は会場内が笑顔・笑顔・笑顔で満ちているからです。
おじいちゃんとおばあちゃんの笑顔!
お孫さんである園児の笑顔!先生たちの笑顔!
会場内はとても穏やかで平和です。
笑顔の麗しさを実感します。

子ども達がいろいろな役割を分担して運営します。

お茶係さんがお茶でおもてなし。 
P9140308.jpg

みんなで山形名物芋煮をいただきます。
P9140331.jpg

はふはふいいながら、ぱくり!
P9140338.jpg

笑顔がはじける最高の時は、
おじいちゃん・おばあちゃんの手を取り合って、
お遊戯「おともだちいらっしゃい」を行っている時です。
一組の祖父母と園児の遊戯からはじまって、
最後には参加者全員で一つの輪になります。
みなさんが最後にひとつとなった喜びと感謝が、
大きな歓声となって会場内ではじけます。
至福の時ですね。

遠くから近くからおいで下さった
おじいちゃんおばあちゃんありがとうございました。

最後に閉会のお祈りをしております。
P9140349.jpg
つきぐみさん、がんばりましたね!

プログラム

1部 礼拝  於 山形第一聖書バプテスト教会礼拝堂
1. お祈り
2. 賛 美  ♪いつくしみ深い    讃美歌21 493番
3. お 話  「天からのパン」
      山形第一聖書バプテスト教会牧師 鳥居 完次(幼稚園理事長)

2部 祝  会  於 スヤマホール
1. ごあいさつ                 ごあいさつ係
2. 歌のプレゼント つきぐみ園児
   ♪今日はうれしい感謝の日
         ♪『ね』 ~東原幼稚園バージョン~
         ♪東原幼稚園園歌         
3. 会食の祈り            お祈り係
  会食 山形名物芋煮
4.  おじいちゃん・おばあちゃんから特技のご披露
   手話披露
   歌披露
5. ふれあいコーナー 「かた とんとん」 全員
「おともだちいらっしゃい」
6. 閉会の祈り          お祈り係
              
     ~記念撮影~

おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼント…ポケットティッシュケース

P9031632.jpg 









2018年08月22日 15:00

2学期が始まりました

暑い夏休みを元気で過ごした子ども達が幼稚園に帰ってきました。
「おはようございます」という一言から、
 夏休み終わったよ。
大きくなったよ。
幼稚園が始まるよ、やったー!
などなど、たくさんの心の声が聞こえてきました。

今学期も教職員一丸となって、
子ども達のために労していきます。
保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

来週からはファミリーフェローシップの準備が始まります。
これから具体的な準備作業にを進めます。
お互い楽しみながら活動しましょう。


私が目にしたお子さんの姿をいくつかご紹介します。

外れてしまったお子さんの水筒のベルトを拾い、
水筒にとり付けようとしましたが、
私はなかなかうまくつけられませんでした。
苦戦していた私の様子を傍らで見ていたHちゃんが、
「 せんせい、お祈りしたらいいんじゃない。」
と言ってくれました。
私は「そうだね。ありがとう。」と言って、
その場で二人で祈り合いました。
そして、また挑戦。
じっと見ているHちゃん。
うまくつけられず、困っているところに、
担任が通りかかって、水筒とベルトを受け取ると、
一瞬でつけてくれました。

「担任の先生が付けてくれたね。よかったね。」
というや否やHちゃんは
「だって、かみさまはなんでもできるからね。」
と言いました。
私は思わず、心の中で「その通り。」と叫び、
「そうだね。」とHちゃんとお互いに顔を見合わせました。

K君は会う先生ごとに、
「ぼく、おおきいズックかってもらったんだよ。」と言いながら、
靴棚のところに走り寄り、
ピカピカの大きなズックをかざして、
誇らしげに見せてくれました。
先生たちも、
大きくなったんだね。
かっこいいね。
いいの買って貰ったね。
等と、それぞれの言葉で答えていました。
保護者の方と成長を喜びながら、
大きなズックを買い求めに出かけた様子が
目に浮かぶ一時でした。

子ども達と共に過ごす日々に期待しています。
2学期もよろしくお願いします。






2018年07月17日 18:30

保護者の皆さんによるサポーター活動

今学期、保護者の自主的な活動であるサポーター活動は
3種類行われました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


☆運動会係:6月23日
運動会の運営のためのサポートとして、
様々な係が必要でした。
受付係・競技を支援する道具係・ゴール係・後片付け係等、
携わって下さった方々がたくさんおられました。
本当にありがとうございました。
運動会を終えて寄せてくださった感想の中に
「保護者の方と先生方の連携が良く、
スムーズな進行・運営でした。
見ている人々に感動・喜びを与えてくれてありがとう。」
との声が寄せられていました。
そして、サポーターの皆様へのねぎらいの言葉も寄せてありました。

☆給食係:7月4日
この日は手作り給食サポーターの皆さんが
おいしい給食を準備して下さいました。
数日前から、メニュー決め・材料の買い出しをしていただき、
当日は調理や配膳や後片付けに至るまで、
すべて取り仕切っていただきました。
あったかいカレーと、
スイカの器に入った白玉入りのフルーツポンチ。
配膳して下さるお母さんたちが
大きなお盆を持って笑顔で各クラスに入るや否や、
お子さんたちの視線はお母さんたちに集中していました。
各自に配られると子ども達も思わずにっこり。
提供する者・食する者、両者が
ほっこりとした何とも言えない温かさを感じたようでした。
私も、食のすばらしさ改めて思うことができました。
食後、子ども達はサポーターのお母さんに出会うと
「○○ちゃんのママありがとう。」
「おいしかった?」
「うん!」
といったやりとりが園内に飛び交っていました。
給食係の皆様、本当にありがとうございました。

☆写真係:7月10日
職員が保育中に撮影した写真を
仕分けていただきました。
ありがとうございました。
このサポーターの作業は、
園での子どもたちの生活がわかる楽しい作業でもあるのだそうです。
思わず手を休めて写真に見入ってしまうことがあるとか。
思わぬところで幼稚園の保育活動の理解の一助になっているのですね。
作業後は冷えた麦茶の一服としばしの歓談の時、
子育ての話に花が咲いたのでしょうか?


サポーター活動にご参加くださったみなさん、お疲れ様でした。
このように皆様に助けていただける東原幼稚園は
とても幸せです。


画像は給食を作っていただいている時に
撮影したものです
DSC05296.jpg 



よろしかったらポチっとお願いします




2018年06月21日 17:58

わたし、がんばる。

運動会が迫ってきました。
ご家庭でも、運動会について、
いろんなおはなしが出ているのかもしれませんね。

朝に玄関先で登園したお子さんと保護者にお会いすると、
運動会の話題になることがあります。

「おはようございます。
もうすぐ運動会だから幼稚園に早く行くって。
今日は喜んできました。
「今朝、7時半頃に幼稚園へ行くって、
かばんを背負って、出かけようとしたんですよ。」
「今日は縄跳び練習をするから、
早く幼稚園に行くというので、早目に来ました。」

などなど。
お話して下さるお母さん達も嬉しそうでした。
私たち職員も、そんなお話をお伺いすると
とてもうれしい気持ちになります。
お子さん達の意気込みが伝わってきますね。

子どもたちはそれぞれに、
いろいろな競技の練習を反映した
遊びをしていますが、
今日のブログでは、
年長のなわとびの練習と遊びの様子を
お伝えします。

年長組のKちゃんが登園して身支度を整えると、
一人で縄跳びの縄を持って、
ホールにやってきました。
Kちゃんにとっては、ここ数日の日課になっています。

また、GちゃんもKちゃんに触発されて
なわとび練習のスイッチが入ったと見え、
「わたしもれんしゅうする 」と練習を始めました。

女の子たちは、
前まわし連続飛びや大縄跳び等に挑戦中です。

他方、男の子たちは、
なわとびを誰が長く飛べるかを
競争しました。
DSCF5249.jpg 
私も「いっしょにしよう」と誘われました。
私は「シメシメ、負けないぞ。」と
意気込んで加わりました。
始めて見ると、園長の私は子ども達の期待を裏切り(?)、
1回目は最後まで残ったのは本当に私でした。

男の子たちは「もう、いっかい!」と悔しがりながら
再度勝負を挑み、
3回目は見事に園長が負けました。
みんなニンマリ。
「きょうはおわり。」と宣言して、満足げに次の活動に移っていきました。

翌日もGちゃんが縄を持って、
「68かいとべるかな?」と言いながら、
ホールにやってきました。
昨日までの最高は27回です。
「68回?
幼稚園の年の数
(過日、68周年の創立記念日のお祝いをしました)に
挑戦するのかな?すごいね」
と私が言うと、
Gちゃんは、うん、と言って
飛び始めました。
1回・2回・・・。とゆっくりペースですが、
なんと72回跳びました。頬がうっすらピンクに紅潮していました。

年長組のお兄さん、お姉さんの頑張りを
傍で見ていた
3歳ももぐみのAくんや4歳ほしぐみのYちゃんも
なわとびを手にして、挑戦が始まりました。楽しみです。

最後の練習日、Kちゃんは
とうとうリズミカルに飛べるようになりました。
逞しく成長した姿に
大きな拍手を私は贈りました。
イメージ通りに連続前まわしができたKちゃんは
縄跳びを片付けながら一言
「わたし、なわとびすきになった。」とのこと。

私はますます運動会が楽しみになりました。






よろしかったらポチっとお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






プロフィール

山形市東原幼稚園 園長

Author:山形市東原幼稚園 園長
山形市東原幼稚園の園長です。

リンク
最新記事
ブログ村に参加しています
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR